これちのPost-it

技術ネタをペラペラ貼っていくぞ!

HoloLens RS4 Preview をインストールしてみた

参考記事

docs.microsoft.com japan.cnet.com

注意事項

HoloLens RS4 Preview をインストールすると HoloLens 内の全コンテンツは削除され工場出荷状態に戻ってしまいます。

RS4 Preview って?

4月ごろに予定されているWindows10 の機能アップデートである Windows10 Spring Creators Update のためのテストビルド (Build 17083) です。

そして、Windows10 の大型アップデートのタイミングで今回 HoloLens 向けの大型アップデートも行われるため、そのプレビュー版がさっそく HoloLens にインストールできるということです。それが HoloLens RS4 Preview です。

これはさっそく使ってみるしかないということで今回 HoloLens RS4 Preview をインストールしました。

ちなみに結構簡単にできます。

公開された新機能の一部(全ユーザ向け)

  • 起動時の2Dおよび3Dコンテンツの自動配置
  • よりスムーズなアプリ操作
  • リフローによる2Dアプリの幅変更
  • 音声コマンドサポートの拡張
  • 「Holograms」および「Photos」アプリのアップデート
  • 「Mixed Reality Capture」の改善
  • 音声の没入感の改善
  • HoloLens内からファイルの移動や削除ができる「File Explorer」のサポート
  • デスクトップPCからHoloLens上の写真、動画、ドキュメントにアクセスできるメディア転送プロトコル (MTP) のサポート
  • Captive Portalを利用してゲストネットワーク上でHoloLensを設定できる機能

公開された新機能の一部(デベロッパ向け)

  • Spatial Mapping の改善
  • ホログラムの安定性を最適化するため、フォーカスポイントを自動的に選択できるオプションが追加
    • Unity では、Edit > Project Settings > Player > Universal Windows Platform tab > XR SettingsWindows Mixed Reality SDK を開き Enable Depth Buffer Sharing にチェックが入っていることで確認できる(デフォルトでチェックが入っている?)
  • 360度動画のような体を動かさないコンテンツでのホログラム安定性向上のため、ホログラフィック再投影モードを disalble にできる
    • Unity では HolographicSettings.ReprojectionModeHolographicCameraRenderingParameters.ReprojectionMode から HolographicReprojectionMode.OrientationOnly に変更することで可能に
  • Windows API がどのデバイスでアプリが起動されているかが分かるように
    • transparent(HoloLens)、opaque(immersive headset)等

下準備

  • Windows Device Recovery Tool をダウンロードし解凍
含まれるファイル 詳細
rs4_release_svc_analog.retail.10.0.17123.1004.FFU The HoloLens RS4 Preview のイメージ。Windows Device Recovery Tool を使ってデバイスにフラッシュ
HoloLens RS4 PreviewEULA 利用許諾契約
  • HoloLens を Windows Insider Program へ登録
    • HoloLens を起動し、Setting App を起動→Update & SecurityGet Insider Preview buildsGet Started
  • Windows Device Recovery Tool のダウンロード
  • HoloLens を Windows Holographic 10.0.14393 にしておく(必須ではないかも?)

RS4 Preview Buile のフラッシュ

  1. Windows Device Recovery Tool を起動
    • 初回起動時は初期セットアップが必要になる(結構時間がかかる)
      f:id:korechi:20180329155706p:plain
  2. HoloLens を接続し Microsoft HoloLens を選択
    f:id:korechi:20180329161138p:plain
  3. Manual package selection を選択し、Windows Device Recovery Tool に含まれている .ffu を選択
    f:id:korechi:20180329161257p:plain
  4. Install software を選択し、Continue を選択するとソフトウェアのインストールが開始されます
    f:id:korechi:20180329163239p:plain
  5. インストールが終了したら HoloLens のセットアップを完了しましょう

所感

  • HoloLens のメニューの動作が早くなった(気がする)
  • アプリを起動時に自動的に配置されるのがとても便利(いちいち置く必要がない)
    • とは言え向きが変な方向を向くこともしばしば。慣れが必要そう
  • 設定の項目がかなり増えている
  • アプリの位置ずれがかなり減った(気がする)
  • File Explorer がかなり便利そう(まだ使い切れていないがアプリからファイルにアクセスできればアプリの幅が広がりそう。今後調査)
  • Spatial Mapping のメッシュが細かい?
  • アプリのバーをつかむとアプリの位置が調整できる(前からあった?)

全体としては HoloLens がより使いやすくなったのは間違いないと思います。

また AR オブジェクトが全体的に現実世界に馴染むようになった気がします。なぜかは分かりませんが。